歯の治療を受けるたびにいつも思うのは、先生の治療の技術が素晴らしくハイレベルでも、クラウンなどの歯科技工物が自分の歯に合っていなければなんにもならないということです。
と、いうのも以前むし歯の治療に通っていたクリニックで保険適用外の被せ物を選んだのですが、フィット感がいま一つで手直ししても自分の歯になじむまで相当時間がかかりました。
そのクリニックはドクターの腕が良いことで評判でしたけど、結局歯科技工物の質という点では物足りなかったというわけです。
そんな経験があったからこそ、クリニックを選ぶときは総合的な技術力で判断するようになり、今は自分に最適なデンタルクリニックを見つけることができたのでしょう。
今、通っているのは徳真会グループの歯医者さんです。
徳真会のグループ会社には、質の高い技工物を安定的に供給できるスペシャリストの歯科技工士集団であるワールドラボがあります。
メンバーには、アメリカでマイスターテクニシャンの称号を認められた技工士も在籍しているそうです。