インターネット上で決済をすることができたり、資産運用の方法としても活用されている暗号通貨ですが、その仕組みや機能、取り扱い方法についてはまだよく知られていないのが実情です。
理解するにあたってよく引き合いに出されるのが電子マネーですが、電子マネーも確かに実際にお金をやり取りすることなく、チャージした分から決済するという点で似ています。
ただし、あくまでも電子マネーは円をチャージしたうえで、その円を使って支払いをする決済方法ですつまり、円の価値は全く変わらないということになります。
ここが暗号通貨と決定的に似て非なるところです。
暗号通貨の場合、まずは円を換金する必要がありますので、どちらかといえば海外に行くにあたって現地のお金が必要だから換金するという感覚に近いものがあるのではないでしょうか。
取引所において円から通貨に換金するにあたっては、専用のレートがありますので円の価値そのままの通貨になるとは限りません。
電子マネーが価値をそのままに保った決済方法であるのに対し、ビットコインなどの新しい通貨は変動制を持った通貨と言えます。
似たようなものであるという意識の下で考えると共通点を見いだせなくはない両者ですが、かたや決済方法であり、かたや通貨であるという認識のもとで見ると、まったく違うものであるという見方になってくるでしょう。