ビットコインは、ネット上に存在する仮想マネーです。
そのため、円やドルといった通貨のように実物は存在せず、あるのはただ単にデジタルデータだけです。
そうなると、もしもデータが消え去ってしまえば、自分の持っているコインもすべて消え去ってしまうのではないかと不安に思っている人もいるかもしれません。
はたして、すべてのデータが消え去ってしまうということはありえるのでしょうか。
結論から言えば、コインのデータが全て消え去ってしまう確率は0ではありませんが、事実上はほぼありえないと考えて差し支えありません。
というのも、ビットコインはこれまでの仮想マネーと違ってP2Pによって運営されているサービスだからです。
P2Pとは通信方式の一つで、ユーザーのパソコンを並列に繋いで情報や資源を共有するものです。
これまでの仮想マネーは、通貨と同じように中央集権的で一つのサーバーにすべての情報を共有していましたが、これだとサーバーがハッキングされてデータが消去されてしまう危険性があります。
しかし、P2Pならば複数のパソコンに断片的な情報が保存され得ていることになるので、誰かのデータが消去されてしまっても簡単に補完することが可能です。
ですから、データが全て消え去ってしまうということは考えれれないのです。