季節折々、自然の顔は違っています。
自然の中を歩くだけで、人はとても生き生きとなるものです。
大いなる大地と自然に囲まれながら山登りをする、とても心地が良い物です。
戸田敏博さんも、山登りが趣味です。
といっても、大きな山を登るわけでもないのですが、近くの山や少し遠出をしてそこそこの山に登るのが好きなのです。
兎に角、戸田敏博さんは自然に触れ合い、そして山を登った後の広い地上を見るのが好きなのです。
広い大地や海を見ると、自分がどれほど企業で管理職を勤めていても、大いなる自然の前ではちっぽけな存在です。
それを気づかせてくれる自然が、とても好きなのです。
山登りにも、人それぞれの目的が合って昇ります。
戸田敏博さんは、自分を過信することなく、自分を見つめていけるそんな存在でありたいからこそ、今も山を登り愛しています。
それに、自然の中には、動物も見かけたり遭遇しますが、生きていくのに懸命なのを感じます。
色んな意味で、自然は学びをくれます。