ボッシュ株式会社は、日本人がもっとも働きたい企業を選ぶランスタッドアワード2016の海外企業部門において、第1位を獲得した自動車部品メーカーです。
2015年の11位から、1年の間に大幅なランクアップを果たしています。
それは、再編成の進む車業界でトップになるため、人材の確保・育成に力を入れているからでしょう。
そのボッシュ株式会社では、今若手の採用に力を注いでいます。
キャリアの奪い合いになっている現在、一からリーダーを育てようという気概からは、アジアのトップリーダーになるという意気込みがうかがいしれます。
もし、5年以上の経験があれば、経営幹部になることも可能です。
若手リーダーとして採用されると、若手リーダー育成プログラムを経て、経営幹部候補になることができます。
若手リーダー育成プログラムは、24か月のうちに1回の海外勤務、4件のアサインメント、専門家の指導を受けるなど、かなりハードとなっています。
しかし、将来の経営幹部になれるとしたら、これほどやり甲斐のある企業はないでしょう。
日本企業のように、学閥や門閥で出世が妨げられることもありません。
若手リーダーは、研究だけでなく営業、管理部門でも募集されています。
ボッシュ株式会社なら、将来リーダーとして会社を動かすことができるかもしれません。
車業界では珍しく女性の採用も増えています。
やる気と力があれば誰でも活躍できる企業です。
車業界での活躍を目指すなら、チャレンジしてみたくなる企業なのではないでしょうか。