歯並びの悪さで悩んでいる人は、少なくないと言われています。
そんな人にとって、悩みを解決してくれる心強い味方が矯正歯科です。
医学の力で、悪い歯並びを美しく改善することが可能です。
では、矯正歯科にお世話になることを検討している人にとって、初めて診察を受けるのはどのタイミングが良いのでしょうか。
実は最も理想的なのは、乳歯から永久歯が生え始めた時期だと言われています。
つまり子供の頃から始めるのが理想的ということになります。
具体的には6~7歳がベストでしょう。
この年齢の子供が自分で治療を申し出ることは不可能ですから、両親が子供をよく観察し、医師と相談しながら必要に応じて治療をスタートさせてあげるのが望ましいです。
とは言え、この時期を逃してしまった人でも問題ありません。
成長期を越えた大人になってから治療を始める人もたくさんいます。
ただし、例えば50代以降になってくると、歯自体の強度や顎の骨の歯周組織が弱まってくる可能性もありますので、やはり早い段階から治療を始める方が良いのは間違いありません。
少しでも気になっている方は、思い通りの効果を出すためにも出来るだけ早目に矯正歯科を訪れることをおすすめします。