下町ロケットのドラマにあるように、日本でも部品を作っている企業が世界展開しているということも少なくありません。
例えば、鋳造金型の世界でも同じようなことがあり、その代表的な例としてヤマナカゴーキンという企業があげられるでしょう。
ヤマナカゴーキンは、中国、シンガポール、タイにも生産拠点を持つグローバルカンパニーです。
金型のみでなく、ソフトウエアについての開発販売を行ったり、受託解析・材料試験サービスのようなソフトな部分の開発も進めている古くて新しい企業なのです。
匠の技術を持ちながら、時代に合わせて発展し続ける有望企業のひとつの成功例として、業界でも最も注目が上がっている企業のひとつなのです。
新卒採用も定期的に行っており、次世代に技術を伝承していこうという姿勢もこの会社の素晴らしいところですね。
ホームページでは求人情報も掲載していますので、この会社で働きたい方はホームページで詳細を確認されてはいかがでしょうか?