自分のこれからをダンスに活かすためには、ぼんやりと過ごす時間も大切に使うべき。
そこにダンススタジアムの動画を投入すると、驚きの目覚めを果たすこともあるでしょう。
何も考えずにダンスの動画を見ていても、気持ちはどんどん内容に引き込まれていきます。
研ぎ澄まされた状態で見るのではなく、ぼんやりと見ているのに動きに反応するようであれば、きっと感銘を受けた証拠です。
そこにはあらゆるエッセンスが詰まっていて、ダンスが本気で好きだからこそ感じた何かがあるでしょう。
その気持ちを普段も大切にすることで、ダンサーとしての資質向上が叶えられます。

ダンスをしている時だけがスキルを磨くのではなく、それ以外の時間も有効活用することができるようになってこそ、本物の逸材として周囲に認められます。
ダンスは人生全てをナンバーに込めて、演じることが求められるはず。
コンセプトに見合った気持ちを作ることは、見た目の華やかさではなく、内からにじみ出る魅力ではないでしょうか。
そこに磨きをかけるのであれば、ぼんやりとした時間の中で起こる反応を鑑みて、これからの道を決めるべき。
オンとオフの使い分けを行うだけで、ダンスがもっと魅力的に感じられる時間が訪れます。
迷った時は気持ちをオフにして、ダンススタジアムの動画を眺めてみてください。
すると、思いがけない収穫があるかもしれません。